広報PRでセルフブランディングをするための3ステップ

mediainterview-img PRブランディングコラム

現在、私のPRクライアントは「個人起業家」と「法人企業」が50:50という感じでして、いいバランスだなと思っています。

 

というのも、それぞれの規模感でPRプランを戦略的に立てていくことが私自身も楽しいですし、記者や編集といったメディア側へ、幅広い情報提供をすることができるからです。

メディアから「こんな人取材したいから、いたら紹介して〜!」とお願いされることも良くあります。

ご縁があればクライアント同士をつなげることもできますしね。

 

個人起業家がメディアPRする理由

個人起業家のクライアントで、「雑誌に出たい」「テレビに出たい」という方の理由を聞いてみると、認知度を上げて商品やサービスを広く知ってもらい、売り上げをアップさせたいと言うよりも、今いるステージからのステイタスアップを希望されている方が多いですね。

 

一方、これが法人企業の場合でメディアPRを考えるときには「求人・良い人材を求めてという部分が入ってきます。

 

とどのつまり、個人・法人ともにPRに期待する部分としては「ブランディングするため」という側面も大きいです。

 

広報PR=セルフブランディングになる?

ではなぜ、広報PRをすることがセルフブランディングになるのでしょうか?

「どんな人から買うか・教えてもらうか」って重要な決定ポイントになります。そりゃ誰でも、どこの誰だか分からない人よりは、

  • 「日経woman」に載っている人から起業方法を教えて欲しいし
  • 「プロフェッショナル仕事の流儀」に出ていた人に作り置きおかずをお願いしたいし
  • 「VERY」に載っているベビーグッズを買いたいものです。

 

それだけではありません。

 

フェイスブックで見かけて「良さそうかも〜」と思った方が、「日経新聞に取材されたことがあります。」となると、一気に「この人なら大丈夫!」って脳内GOサインが出ます。信頼感がグン!と加速するのですよね。

 

広報PRでセルフブランディングをするなら、

  1. まずはしっかりと、ベースとなる受け入れ先(ショップ・HPなど)を整え、
  2. 自分は何者なのか、といった取材したくなる強み(USP)を見つけて、
  3. 雑誌やテレビに出たら、それをレバレッジ効果で連鎖させる

といった3ステップが重要です。

いくつかあるツボさえしっかりとおさえておけば、「3週間でめざましテレビ」も夢じゃありません。

PRブランディングで、あなたのビジネスをどんどん加速させちゃいましょう〜!

 

↓こちらの記事も読まれています↓

プレスリリースを送った結果、たった3週間で「めざましテレビ」に取材された理由
PRクライアントの商品が、テレビに出ましたー!わー! 取材していただいたのは、フジテレビの朝の情報番組「めざましテレビ」です。 このPRクライアントが放送された時間で広告換算してみると、800万〜3000万になるくらい、料金も雑誌の比で...

 

魅せる。売れる。
メディアにモテるPRブランディング
モナンジュ ちよでした!

 \ここまで公開していいの?!/
↓プレスリリースの書き方はこちらのメール講座でも↓

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました