雑誌に載って売り上げさらにUP!『メディアPRブランディング100日プロデュース』無料相談受付中!

PRブランディングで雑誌に載ってフワリと差別化する方法

スポンサーリンク
niwaka-img PRブランディングコラム

(@九州クライアントに、にわかせんぺいいただきました♡)

サロンオーナー、ネイリストなどセルフブランディングによって競合・ライバルとの差別化を望むクライアントは多いです。

いっときの付け焼き刃的な客寄せブランディングではなく今ある「そのままのあなた」で上手にブランディングできれば、ビジネスも無理することなく長続きさせることができる、というのがわたしの考えです。

 

でもなかなか自分ひとりでは

  • 「何をウリにしたらいいのか」
  • 「どの部分を際立たせたらいいのか」
  • 「他人からはどのように見えているのだろうか?」

・・・という部分については分かりにくいのが現実ですよね。

スポンサーリンク

セルフブランディングをする方法

そこで、セルフブランディングには、第三者目線が必要になってきます。

 

私自身もUSPを見つけるワークをしたり、

  • 「どんな人が私にとっての理想のお客様なのだろう?」とか
  • 「そのお客様の悩みはなんだろう?」とか
  • 「私にできることってなんだろう?」と

悶々と考えていた時期があります笑。

 

でもそれって、考えてもよくわからなかったのですよ・・・(私は、ですよ汗。)もう「ちーん!」です笑。「なんのために高額塾に入ったのだーー!」です笑。

セルフブランディングがわからない

いや、正確に言うと、ワークをして答えは出るのです。そしてコンサルタントに「あなたはこうだよ」と言われるのだけど、なんとなーくしっくりこない、というのが本当かもしれません。

 

・・・で、どうしたか?

しっくりこないまま、「私はこのブランディングでいく」と決めて、やってみたのです。とにかくやってみる。

もうこれしかないです。せっかく高額塾にも入ったし(しつこい笑)!

 

で、とにかくやってみて、いつまでたってもしっくりこなくて、お客様もこなかったら、また調整して別路線のブランディングでいってみる。これしかないと思いまして。

頭であれこれ考えているより、やってみたほうが数倍早いし笑。

それに、ちょっと言葉を変えてみたり、魅せ方を変えるだけで反応って変わるから、ブランディング(マーケティング)っておもしろいのですよ。

メディアPRでブランディング

で、メディアPRをして雑誌やテレビに出ることで、そのブランディングって簡単にできるんですよね。

雑誌って読者がものすごく細かくセグメント分けされているので、あなたが「これ!」と思った雑誌にアプローチしていけばブランディングになります。

例えばあなたが20代女性をお客様にされているとしたら、それは

  • ゴージャスリッチな25ans読者なのか
  • 庶民派ユニクロMORE読者なのか

と考えてブランディングしていきます。

SNSとメディアブランディング

ペルソナ(理想とするお客様像)の読んでいるテレビに出たり雑誌に載ったりといったメディアPRをするだけで、「〇〇さん、私の好きなあの雑誌に載っているんだー!だったら〇〇さんにお願いしたいな!」となるわけです。

PRの場合は広告と違い、押し付け感なくお客様自身が選んでいる(雑誌を購入している・TV番組を選んでいる)というところから、最初からもうすでに信頼感が得られたブランディングとなります。

そして、SNSでの魅せ方もぜひメディアと統一して、ブランディングをさらに強固なものへと確立させていけば、完璧です!

 

↓こちらの記事も読まれています↓

LVもやっている、付加価値をつける効果的なブランディング方法とは
  いま、「信頼できるブランドであれば高くてもいい」(以前の記事参照:売ろうとして売ると売れない )と感じる消費者はどんどん増えているように思います。     ではどのようにしたらあなたの商品やサービスに、「高くてもいい...

魅せる。売れる。
メディアにモテるPRブランディング
モナンジュ ちよでした!

 

<<「PRブランディング100日個別プロデュース」のWEB無料相談受付中>>

fpb100daysproduce-img

10年以上のPRノウハウと経験を、「個人起業家だからこそ」必要な部分だけに落とし込んで作り上げた、マンツーマンプログラムについての30分無料相談です。

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました