切り口を変えて、雑誌に掲載されましたー!

tmagazine-img PRブランディングコラム

 

飲食関係をされているPRクライアントが、カルチャーマガジンT.(ティー)に掲載されましたー!

 

分かりにくく加工してあるけど笑、どどんと1/2ページ!わーい!

嵐マニアの方がよろこびそうな、大野智さんが表紙の雑誌です笑。

 

この雑誌・・・あまり知られていないのですが、映画館やTSUTAYAのみで売られているもの。

紙質も良くて、ビジュアルとか誌面のつくりもきれいなのよね。つまり、商品をきれいに見せることができる。

 

これまでこのクライアントとは関係ない、って思われていた雑誌なのだけど、読者層・ブランディング考えると「いいかも・・・いきましょう!」となり、プレスリリースを書いて、メディアPR。

 

 

商品やサービスの切り口を変えてPRする

このように、一見すると商品やサービスと関係なさそう〜に感じる雑誌やテレビなどのメディアでも、その切り口を変えて魅せ方を変えていくと・・・あ〜ら不思議w!

うまくマッチさせて掲載に繋げることは、全然できるのです。

 

だから、例えば「ある顧客層にアプローチしたい!」「もっと幅広くアプローチしたい!」と思ったら、まずはしっかりとメディアリサーチをしてみてください。

 

メディアリサーチのポイント

その時のポイントとしては、「この雑誌のどこに、載せられそうなページがあるかな?」と可能性ベースで探すのではなくて、「どのページに載せたいかな・・・♡」と主観的に見てみること。

 

流れ的には、こんな感じ。

 

 

このメディア、すごく顧客層にマッチしているなーと思った。

けど

「どこになら入れらるかな?」と考えると、「うーん、どこにも入らないよな。はいダメー!」って速攻で諦めがち。

そこでまずは、

「この雑誌の、このページに載せたい!」と思って見てみる。

「じゃあそのためには、どういった切り口で見せたらいいかな?」と考えることからはじめる。

自分が「載せたい!」と思うメディアだから、わくわく考えることができる。

それが、新たな魅せ方につながっていく。

 

最初から諦めちゃうのはもったいない!新たなアプローチがしたい、魅せ方を変えたいと思ったら、まずは自分の見方から変えてみるのも手ですよ♡

 

魅せる。売れる。
メディアにモテるPRブランディング
モナンジュ ちよでした!

↓プレスリリースの書き方はこちらのメール講座でも↓

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました