雑誌に載って売り上げさらにUP!『メディアPRブランディング100日プロデュース』無料相談受付中!

「PRネタがない」と思ったら・・・東京マラソンから紐解いた、その見つけ方をお伝えします

banapen PRブランディングコラム

 

PRの法人クライアントがいるので、渋谷には時々出没しているのですが・・・ドールのバナナ自販機ってありましたよねー!

バナナに絵や文字が書ける「バナペン」がオマケについていて、それ狙いだったのですよね。

 

東京マラソンは近所を通るのでTVに見切れ目的で←もちろん見に行くのですが笑、2017年の東京マラソンの参加お土産がこのバナペンで、Doleのサイト上ではTwitterと連動した「バナペン体験者500名募集 ツイートキャンペーン」を開催していました。

 

企業ブランディングの一環としてイメージアップと、すばらしい認知度アップのPRになりますよね!

 

そして2014年の東京マラソンで参加者に配られたのが、バナナトロフィー。

 

名前とタイムがバナナにプリントされているもので、ゴールしたランナー 先着200名に配られるものでした。(調べたところ、「限定200本」は当日のオペレーション的にこれが限界だったとか)

 

「広告換算で1億円を超えるメディア露出と、のべ2800万人にこの情報が届いた」

とされています。バナナ200本が、ですよ!!

 

ここで注目したいのは、PRアイデアの斬新さもありますが、なんと言ってもその限定性!これに限る!

  1. 世界にひとつだけのオリジナル
  2. 限定200本

日本人は特に限定好き♡

 

 

もらった人は自慢したくなる。

早く食べないと腐っちゃう。

とりあえず写真に撮って、記念として残しておく。

そしたらSNSにアップしとくか~

 

とランナーがインフルエンサーとなって、どんどん広めてくれるというわけ!

 

うまいな〜〜!!

モナちよ
モナちよ

個人のPRブランディングのお手伝いも楽しいけれど、こういう規模感のあるPRも、わくわくゾクゾクしちゃいますね笑。

 

バナナって、もうあって当たり前のもので「新製品」というPRしていく上でのひとつの重要なフックがない。

 

それだけに、どうPRするのかが難しく、「どんなPR施策が打ち出せるか」が勝負になってきます。

 

個人のPRで、目新しさがない商品やサービスをお持ちの方!

「プレスリリースに書くネタ、特にないのよね〜」「何をフックにPRしたら良いの?」なんて延々とひとりで考えていませんか?

  • ちょっと切り口を変えてみる
  • 魅せ方を考えてみる
  • コラボしてみる
  • 限定オファーをつける
PRのネタ、話題性は、なければ作ればいいだけ!

一人で考えていないで、一緒にブレインストーミングしましょ♡

 

ドールさん、以前の職場(PR会社)に毎週どさっとこのバナナ送ってくださっていて、いつもスタッフ間でおやつに争奪戦でした笑。

プレスだらけの職場、みなSNSにももちろんアップしたよね笑。

 

★ここまで公開していいの?!★
プレスリリースの書き方は無料メール講座でも

魅せる。売れる。
メディアにモテるPRブランディング
モナンジュ ちよでした!

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました