DEC2018 WEBSITE RENEWAL!

アラサー女性が振り向くコンセプトとは??

sunset PRブランディング100日個別プロデュース

 

Coucou!魅せる。売れる。
メディアにモテるPRブランディング
モナンジュ ちよです。

 

PRにとって、イメージというのは良くも悪くもとても大きな存在です。

 

イメージが定着していることはプラスに働く一方で、逆にそのイメージがマイナスになってしまう事も・・・。

 

今日は「ニューカレドニア」を例にお話ししますね。

「ニューカレドニア」と言えば「天国にいちばん近い島」原田知世さん主演で映画にもなったんですよ。

このフォントーーー笑!

原田知世さん、昔から好きで。ブランドのイベントにも良くお呼びしていました♡

(公私混同?でも私服おしゃれだし、ブランドイメージにあっているからいいんです。きっぱり笑。

 

この時の「天国にいちばん近い島ブーム」から30年

現在ではニューカレドニアに旅行するであろう、アクティブに海外旅行をしているアラサー女性には「天国にいちばん近い島」というコンセプトは響いていません。

そして当然ながらこのブームが起きた30年前のアラサーは・・・いまアラ還 (60代あたり)になっていますので・・・。

 

新しいPRコンセプトを開発します。

 

まずはそれまであったイメージ、コンセプトを振り返ってみましょう。

天国にいちばん近い島

天国=死

死ぬまでに「一度は」行ってみたいところ

 

こんな印象ありませんか?

 

 

それをリピーターさんになってもらう事を視野に入れた「何度でもリフレッシュしに行きたい島」というコンセプトに変更します。

ハワイに飽きた、癒されたい現在のアラサー女性は次の島を探しています。そんな彼女たちの心をぐっと鷲掴み、しちゃいます。

気分転換に一生に一度訪れる憧れの島から、何度もリピートしたくなる島、ニューカレドニアへのコンセプトチェンジですね。

 

はあ~海っていいよね~笑♡

 

ということで次は、アラサー女性に対してニューコンセプトのニューカレドニアを、具体的にどうPRしていったのか、お伝えしますね。

 

↓ブームの作り方は無料メール講座で!↓

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました