PRブランディングコラム

PRマーケティングに重要な2つのポイントをお茶から紐解く

kuro

 

こんにちは!起業家のためのPRマーケター、モナンジュちよです。

今日は、伊藤園の「お~いお茶」に見るPRマーケティングを解説していきたいと思います。

まずは、緑茶を「お~いお茶」と名付けたネーミングセンス!!これまでになかった名付けで、インパクトありますよね。このお茶が緑茶だったとは・・・この記事を書こうと調べて、初めて知ったくらいです笑。

このネーミングが、唯一無二のポジショニングを作る要因のひとつとなっている

「のどが渇いた。お茶が飲みたい。お茶の種類なんて関係ない」ポジションのお客様を総取りです。ほとんどのお客様がここに入るのではないでしょうか?

ネーミングインパクトから「お茶=お~いお茶」と刷り込まれちゃってる。私も妊娠してカフェインとか気にし始めるまで、お茶の種類なんて何でもよかった部類です笑。

 

そしてもうひとつ!

インフルエンサーの使い方が際立っている

このお茶のボトルに、俳句が書かれているのは有名ですよね?

これ、「お~いお茶」 という素晴らしいネーミングを最大限に活かして、認知度をアップさせるために市場調査した結果・・・

当時、俵万智さんの「サラダ記念日」が流行っていたことに注目して、始められた企画なのです。

「この味がいいね」と君が言ったから七月六日はサラダ記念日

うーん♡あまずっぱい!懐かしいわ~笑。

 

俳句も緑茶も「日本の大切な文化である」という共通点がありますよね。そこで話題作り、認知度アップにこのような企画が出来上がったわけです。

 

で、俳句大賞の選者をお願いされたのが、現代俳句協会の名誉会長。

このインフルエンサー(影響力のある人)のおかげで、俳句大賞の厚みと信頼感が増した。

「5000句集まれば成功」と言われた中で、その8倍、41,000句もの応募を集め、「お~いお茶」 は前年の2倍以上を売り上げたのです。

この俳句大賞は、その後朝日新聞やNHKなどのメディアでも取り上げられ、話題になりました。この企画きっかけで「お~いお茶を知った」という方も多いのではないでしょうか?

その後、この大会をやめる・やめないとあったようですが「お~いお茶」は、 今では誰もが認めるお茶のトップブランドです。

適切なインフルエンサーを見つけることで、ブランドに信頼と厚みが生まれたのです。

これが、PRマーケティングでの大きな要素のひとつとなります。

自分ブランドにどのようなインフルエンサーが適切なのか、そのインフルエンサーにどのように仕事をお願いしていくべきなのか・・・はPRトライアルコンサルで聞いてください。

わたしはミランダ・カー黒烏龍茶がすきドキドキ

 

「仕掛けが9割!」PRブランディングメルマガ発行中♪

ブログ以上にディープでクローズドなメルマガは



  • ブログには書けないブランド名などの情報

  • 講座の先行ご案内

  • ブランディングで手に入れる、効率の良い発信方法

  • ブラックちよの叫び

  • メルマガ読者限定ランチ会


あたりの内容で発信中♡いち早く情報を受け取りたい・逃したくないあなたはご登録を!!


メルマガを受け取る

メルマガ

コメントを残す

*

CAPTCHA