PRブランディングコラム

瀬尾まなほさんに見る、PRで掲載連鎖が起きる2つの理由

p6-img

プレスリリースを使って雑誌やテレビなどのマスメディアにアプローチし、あなたが一度でも取材・掲載に至ったら・・・

 

まずは、おめでとうございます!

でもね、わーいわーい!とホッと一息つく暇は、ないのですよ笑!

「やったー!!」と一瞬喜んだら、すぐさま次の行動に移りましょう。

 

・・・なぜ?

掲載連鎖を狙いにいきます!

 

メディアの掲載連鎖とは?

メディアデビューの第一歩をクリアしたら、そのタイミングは次への大チャンスでもあるのです!!

ネクストステップである二歩目三歩目は、実はそこまで難しくはありません。

それはメンタル的にもフィジカル的にも、です。

初めの一歩を踏み出すときは、誰しもメンタル的に躊躇したり、腰が重くなったりするもの。

でもそれが成功につながることで自信となり、その自信は次のメディアアプローチや、記者とのコミュニケーションの中で知らず知らずとにじみ出てきちゃうものなのです。

不思議なことにその自信が、メディア側への「この人を取材してみたい!」とつながって行きます。(だから、初めてメディアアプローチする、という方はプレスリリースをプロに見てもらい自信をつけてからアプローチ、をおすすめ)

 

そしてそれは、行動的にも同じことが言えます。

メディアPRをするハードルはぐっと下がっていますし、一度取材につながったやり方・プレスリリースをベースにして、新たな媒体にアプローチをすることができます。

ゼロからプレスリリースを作成するより、ずっと時短ですよね。

 

メディアがメディアを呼ぶPRの掲載連鎖

さらには!!!

「〇〇に掲載された」という事実が、次のメディアを呼ぶことは日常茶飯事です。「最近テレビや雑誌で、あの商品よく見るな〜。流行ってるのかな〜?」と感じた経験、ありませんか?

最近では、「瀬尾まなほさん」。よくメディアで見かけませんか?瀬戸内寂聴さんの秘書をされている方です。

seomanaho

「出たい」というコンサル生多発←のテレビ番組、セブンルールにも出演されていました。(画像は「徹子の部屋」ですが笑)

メディアはいつも新しいネタになるものを探して、他のメディアや競合をリサーチしています。「雑誌で見たのですが、うちのテレビ番組で紹介させてください。」というオファーの連鎖がやってくるようになるのですね。

ちなみに瀬尾さんは、2018年に入って2ヶ月半で20件以上の新聞やテレビの取材を受けたそうですが、初の著書も15万部突破だそうです。

 

PRでブームを起こす

さあ!あなた自身でも、どんどんアピールしていきましょう。

次の取材を呼び込む、掲載連鎖を得るためにあなたができることは、ホームページで告知すること、SNSで掲載を拡散すること。そうすることで露出を広げることになり、お客様へだけでなくメディアにも、その間口をぐっと広げることができますよね。

 

また、「〇〇で取材されました!」という内容をプレスリリースに盛り込むことで、第三者効果がうまれます。

新聞など、信頼を重視する媒体へのアプローチにこのフレーズは効果大です。ただメディアによってはこのフレーズが逆効果になることもありますので、注意も必要なのですが・・。

この掲載連鎖がトントン拍子でつながっていき、やがてブームや世間の大きな流れへと拡大していくことになるのです。

↓こちらの記事も読まれています↓

【ご感想】「PRをとおして認知度を上げたいという相談ならちよさんです!百戦錬磨!!」~こんなあなたは地方誌掲載を狙え

魅せる。売れる。
メディアにモテるPRブランディング
モナンジュ ちよでした!

 \ここまで公開していいの?!/
↓プレスリリースの書き方はこちらのメール講座でも↓

100%プレスリリースが特典★ かんたん5トリック 無料メール講座

 次の一手、考えていますか?

個人起業家でも新商品でブームを仕掛け、さくっと全国展開!!


✓ 店舗の開店初日に行列を作り1着40万円の限定品が即完売

✓ 無料で獲得したたった一日のメディア露出が、広告換算1億円越え

✓ 個人オーナーを全国誌の表紙+中8ページに特集させ、1800万円の露出効果


世界発信に携わった私が個人起業家のあなたのために、

ブームの作りかたのトリックをお届けします。


無料メール講座に登録する

メルマガ

コメントを残す

*

CAPTCHA