PRブランディングコラム

地方こそメディアPRを活用したい、2つの理由

privatebeach-img

 

PRブランディングのコンサル100日プロデュースでは、対面でなくてもスカイプやzoomでの受講が可能です。

なので、関東以外のクライアントもいらっしゃいます。

 

ということで事前相談でもご質問いただく事があるのですが、「地方だとメディアPRは難しいのかな?」と思われている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

ぜんっぜん、そんな事ありませんよ〜!

 

 

むしろ、逆ーーー!!

地方こそ、メディアPRを活用するべきです!!

 

 

なぜなら、その理由は大きく二つあります。

 

  1. 地方の方が取材されやすい
  2. 読者の反応率が良い

 

地方にいながらメディアPRの力で全国展開!だって、十分に可能性があります。

 

それでは順に、説明していきましょう♡

 

まず

  1. 地方の方が取材されやすい

について。

 

地方は物理的に分母が大きいのです。

ん?!・・・分母??

 

地方紙・地域紙・ブロック紙とかローカル雑誌って「その地域の人」を取り上げるコーナーが必ずありませんか?

そう、もともとある掲載スペースが全国紙よりも多いので、結果的に取材されやすくなるのです。

だからまず、地域密着のそのコーナーにプレスリリースを送りましょう!

 

そこからメディア連鎖で、全国誌を狙っていくという仕組みを作ることもできます。というかむしろ、全国展開を狙うなら、まずは地方から、ですです♡

 

 

次に

2. 読者の反応率が良い

については地域密着という事で、記事を読んだ方が「自分ごと」として受け入れてくれやすく、サービスにお申し込みしてくれたり、掲載のお店に来てくれたり・・・という、次の行動を起こす確率が高いのですよね。

 

 

そしてそして、プレスリリースを送る前に、ちょっとこちらも読んでみてください♡

 

実は、地域版にプレスリリースを書く際に、取り上げられやすくするポイントがあるのです!

 

これがあるのとないのとでは、掲載率が段違いです。

 

それはズバリ、

「その地域にどのようなメリットをもたらす事ができるのか」を必ず入れること!

  • 「だから、その地域でなくてはダメなんだ」とか
  • 「これによってこの地域が活性化していきます」のような

 

「その地域ならではのもの×あなたの商品サービス」をうまく絡めてプレスリリースにしてください。

これだけで、掲載率はぐーーーんとアップします!!

 

 

実は、私のPR法人クライアントのひとつは東京本社、関西に支社があって、新たに山梨県に支社を作ったのですよね。

で、スタートアップの人材を確保したいという目論見もあって、山梨県の地方新聞にプレスリリースを送りました。

 

その時は

  • 山梨を拠点にして、これから全国展開を考えている
  • 山梨の県民性と事業内容のマッチ。県民性に惚れ込んだ理由
  • 山梨県の利便性

などを挙げてプレスリリースを送り、どどーーんと新聞の紙面1/2のスペースで掲載していただきました。

yamanashinp

結果、その新聞掲載を見て求人応募もありましたし、「山梨支社で働く従業員のモチベーションもアップし、雰囲気が良くなった」と報告をいただいたのですよーー!

 

 

そして最後にメディアPRをするときに注意して欲しい事!

「どこにお客様がいるのか?」を忘れずに・・・

当たり前ですがいくら「地方紙だと載りやすい」とは言っても、そこにお客様がいないのに取材されても意味がありません。

「メディアデビューや雑誌に載る事が目的」にならないように・・・!

 

魅せる。売れる。
メディアにモテるPRブランディング
モナンジュ ちよでした!

↓プレスリリースの書き方はこちらのメール講座でも↓

100%プレスリリースが特典★ かんたん5トリック 無料メール講座

 次の一手、考えていますか?

個人起業家でも新商品でブームを仕掛け、さくっと全国展開!!


✓ 店舗の開店初日に行列を作り1着40万円の限定品が即完売

✓ 無料で獲得したたった一日のメディア露出が、広告換算1億円越え

✓ 個人オーナーを全国誌の表紙+中8ページに特集させ、1800万円の露出効果


世界発信に携わった私が個人起業家のあなたのために、

ブームの作りかたのトリックをお届けします。


無料メール講座に登録する

メルマガ

コメントを残す

*

CAPTCHA