PRブランディングコラム

雑誌テレビ新聞などのメディアが、再度取材依頼したくなる人とは?

teamlabo-img

いちど雑誌テレビ新聞などのメディアに取り上げられると、取材の連鎖が起こることはよくあります。

「最近この人テレビでよく見かけるな〜」ということ、ありますよね。

では、その状態にあなたがなっちゃうためには、どうしたらよいのでしょうか?

 

雑誌・テレビに出る「前に」やっておくこと

取材連鎖を引き寄せるためにはしっかりとした準備・・・

 

  • 「どのようなコーナー・ページなのか」「なにを求められてお声がけされたのか」を調べておく
  • 商品やサービスの、数字や実績を洗い出しておく

 

をして、まずは「次につなげるぞ〜!」という心意気を持って挑むことが大事。

 

  • 「取材されても、一度きりなんだよね〜」
  • 「どうしてあの人はなんども呼ばれるのに、私は一度だけだったんだろう?」

 

と質問されることがありますが、

オンエアや掲載に読者や視聴者からの反響があった人は、また呼ばれます。芸人さんの言う、「爪痕を残す」ってやつですね。

メディアが望む・もしくはそれ以上の動きをしないと、次はありません。

 

メディア取材の連鎖をおこせる人とは

取材時にメディアに聞かれたことにしっかりとお答えしたうえで、さらなる「プロとしての知識」を加えてお伝えすること。これが重要なポイントとなります。

「プロとしての知識」も、専門用語は使わず、誰にでもわかりやすく伝えてこそ「プロ」です。そのためには、周りの状況も含めて話す必要があるかもしれませんね。

 

私はクライアントの取材獲得まで、そして取材当日の立会いをしてサポートすることはもちろんですが、「雑誌に載るわ〜!」がゴールと勘違いしないように、ということは最初に伝えています。

 

雑誌掲載をビジネスにつなげるには

雑誌やテレビに出ることはビジネスをしていく上での「単なる通過地点」としてとらえていただき、取材前のしっかりとした準備と、アフターフォローを徹底的にやってもらっています。

一生懸命時間をかけてリサーチし、プレスリリースを書いて、メディア選定をして、リリースを送って・・・あなたがやっとつかんだ取材ですからね〜。

ご存知のように、新聞や雑誌、テレビに出ることで多くの方にあなたの商品・サービスを知ってもらうことができます。その数たるや、SNSでの露出の比じゃありませんからね。

しっかりと準備をしたら、その一度の取材を最大限使い倒して←、効率よくビジネスを発展させていきましょう!

 

↓こちらの記事も読まれています↓

メディア側が取材対象を探す、3つの方法

 

魅せる。売れる。
メディアにモテるPRブランディング
モナンジュ ちよでした!

↓「私の場合はどうかな?」と思ったら無料ウェブ相談へ↓

まずは、無料ウェブ相談から!「PRブランディング100日個別プロデュース」

個人起業だからこそ


「あなたブランディング」でメディアを味方に。


~お客様がみずから集まる仕組みと仕掛けを作る~


 


「PRブランディング100日プロデュース」


まずは、30分無料ウェブ相談から!



  • どのようなプログラムなのか 

  •  100日間の進み方


・・・などの疑問・質問にお答えします。事前にご記入いただくヒアリングシートを見ながら、気軽にお話ししましょう♡


⇒コンサルを受けたクライアントの声はこちら

⇒PRブランディング100日個別プロデュースとは

⇒今ある課題をスポット解決したい方は、単発コンサルへどうぞ


無料相談に申し込む

メルマガ

コメントを残す

*

CAPTCHA