PRブランディングコラム

法人向けPRのやり方と個人PRのやり方は違う?本を見てプレスリリースを送ってみたけど、カスリもしなかったあなたへ〜

palace-img

法人企業(Bto)のPRと、個人で行う(Cto)PRでは、やり方に違いがあるのでしょうか?

 

いきなりですが、先に私の答えを言ってしまいますね。

 

 

 

かなり違う。

 

 

「企業」とひとまとめにくくっても、その規模感はいろいろなので、絶対違うとは言いません。

そしてPRする意義と言いますか・・・企業でも個人でも、PRの根底にあるものは同じ(こんなに良いものを、もっと多くの方に知ってもらい、役立ててほしい!)だと思っています。

 

ただこの違いを知っておくことで、効率よくプレスリリースを送ったりというアプローチができ、雑誌やテレビに取材してもらう確率が上がるはずです。

 

ということはですよ、ここを理解していないで一般的な・・・

  • 「プレスリリースの書き方」
  • 「メディアアプローチ」
  • 「記者クラブへの投げ込み」

をいくらやっても、メディアモテどころかブラックリスト入りするだけなのです!

 

検索してヒットしたウェブサイトや、書店で売られている本は、企業の広報に向けて書かれているものがほとんどです。

個人起業家のあなたは絶対に、そのまま実行しないでください。

 

 

企業PRと個人PRの違い

 

では個人起業家のPRって、何をしたらいいのでしょうか?

 

個人にはあって、法人にはないもの・・・

 

それは、例えばストーリー。

 

法人では商品やサービスにクローズアップするため、なかなか・・・社長ですら、そのストーリーを打ち出すことはありません。

なぜなら消費者はそこを求めていないから笑。

 

それが個人の場合は、どうでしょう〜。

  • 〇〇さんが好きなアイテム
  • 〇〇さんが使っている商品
  • 〇〇さんが苦労して作り上げたサービス

・・・などなど。

「商品」「サービス」よりも、「人」「ストーリー」に魅力を感じて購入に至るケースが、圧倒的に増えます。

 

法人にはない(できない)、個人起業ならではの魅力を伝えていくことに注力してPRしてみてください。

 

そして個人起業家のPRにストーリー推しする理由は、もう一つあります。

 

世間の流れ・トレンドに、柔軟に対応できる

ということです。

広報PRをするのに大切なポイントのひとつに、時季性があります。

夏に暖房器具、冬にかき氷は売りにくいですよね。

メディアに取り扱われるためには、「今どのようなことが求められているのか」といった、世間の流れをよーく見極める必要があります。

 

実は、柔軟性のあるストーリーは、どんなトレンドにも合わせて、魅せ方を変幻自在に変えやすいのです。

 

「そうは言われても、そんなのなかなか自分自身では分からない・・・」というあなたは、企業PR、個人PRの両方を経験するわたしだからこそ分かる、個人のあなただけの魅せ方を一緒に見つけていきましょう!

⇒PRブランディング作戦会議

⇒ ”個人起業だからできる”プレスリリースの「送り方」テキスト講座

 

↓こちらの記事も読まれています↓

セルフブランディングに欠かせないインスタグラムは、妄想消費?

魅せる。売れる。
メディアにモテるPRブランディング
モナンジュ ちよでした!

 \ここまで公開していいの?!/
↓プレスリリースの書き方はこちらのメール講座でも↓

100%プレスリリースが特典★ かんたん5トリック 無料メール講座

 次の一手、考えていますか?

個人起業家でも新商品でブームを仕掛け、さくっと全国展開!!


✓ 店舗の開店初日に行列を作り1着40万円の限定品が即完売

✓ 無料で獲得したたった一日のメディア露出が、広告換算1億円越え

✓ 個人オーナーを全国誌の表紙+中8ページに特集させ、1800万円の露出効果


世界発信に携わった私が個人起業家のあなたのために、

ブームの作りかたのトリックをお届けします。


無料メール講座に登録する

メルマガ

コメントを残す

*

CAPTCHA