PRブランディングコラム

プレスリリースの「やってはいけない!」雑誌に取材されたら・・・

mandarin37

 

「やったー!プレスリリースを書き、メディアに送って見事取材につながったー!!」

おめでとうございます!

 

そしたらその後、あなただったらどうされますか?

 

自分のかわいい商品やサービスが掲載された雑誌、しっかりと有効活用されていますか??

 

ブログやフェイスブックなどのSNSで、「取材されましたー!」「載ってまーす!」と拡散させるのは・・・まあ普通です。

せっかく苦労してプレスリリースを書き、アプローチが成功したのだもの、もっともっともっと、使いましょうね。

 

それにはまず、取材の段階から始めちゃいましょう。

 

SNSで発表ですね。

お客様を巻き込み、掲載誌が発売されるまで一緒に盛り上がっていきましょう!

テレビの場合は、実際にどのようにオンエアされるのか分かりませんし、全部カットされる可能性だってありますからね、取材の段階から使っておかないと、ですよー。

 

ただし、その場合はブログなど自分のメディアに載せても良いか、必ず事前許可を取ってくださいね。顔出しNGのタレントさんがいらっしゃる場合もあります。

 

状況に応じて記事内容が分からないようにしたり、番組名・雑誌名が分からないようにする、などの配慮をすれば、ほとんどのメディアは取材の様子を載せることはOKしてくれます。

 

取材が掲載された雑誌のクリッピングを転載する、などといった著作権・肖像権などについては思うところがあるので、またいつか記事にしたいと思うのですが・・・。

 

で、雑誌が発売されたら掲載誌は何冊か買いましょう。

  • 保存用
  • クリッピング用
  • お客さま閲覧用
  • 営業用

PR的には、最低でも4-5冊はあるといいかな。その他親戚一同に配る、お客様に配る・・・など必要に応じて好きなだけご購入くださいませ笑。

 

そしてこれはご存知ない方も多いと思いますが、

「掲載誌を送ってください。」と送本請求ができます。

1冊は自宅や会社に編集部やライターさんが、送ってくれるのですよー。

 

 

さあ!掲載誌が発売される前の準備は、きっちりとされていますか?

いよいよ、あなたの商品が載った雑誌の発売日!掲載誌を手に入れたら・・・

  • 掲載についての記事を書く
  • 掲載をSNSで拡散させる
  • サロンや店舗があるならそこに置く
  • HPのサイドバーに載せる
  • ブランド説明のための営業ツールとして持参する

 

など、様々な掲載誌の使い道があります。

メディアに出ると、認知度が飛躍的にアップするのはもちろんですが、同時に商品に対する信頼感が増します。

だから、営業でも使えるのですよね。

 

「あーこれテレビで見たやつー!」
「〇〇にも載ってたー!」
みたいな会話、しますよねー。

「そんな商品だったらうちでも扱いたいわー!」ってなりますからね、ぐーーんと営業しやすくなります。

 

が、やってはいけないこともあります。

 

 

それは・・・

 

 

 

取材された雑誌を使って、他の媒体にアプローチすることー!

 

プレスリリースで、これまでの実績をアピールすることは非常に重要です。

が、「こんな雑誌に載ったことがあります」をプレスリリースに載せるのはやめましょう。

 

心配しなくても、魅力的なプレスリリースを送っていれば、編集部では必ずあなたのサイトを見にきてくれます。

そこでメディア取材の履歴を確認してくれていますから。(だから、載せよう)

 

わざわざ、アプローチ先メディアに

  • 「この雑誌に載っているなら、うちとは違うかな・・・」
  • 「初出しのネタじゃないなら、今回はスルーで・・・」
  • 「ライバル誌に載せてたのね、ふーん・・・」

と思わせる必要は、ありません♡

 

 

魅せる。売れる。
メディアにモテるPRブランディング
モナンジュ ちよでした!

↓プレスリリースの書き方はこちらのメール講座でも↓

100%プレスリリースが特典★ かんたん5トリック 無料メール講座

 次の一手、考えていますか?

個人起業家でも新商品でブームを仕掛け、さくっと全国展開!!


✓ 店舗の開店初日に行列を作り1着40万円の限定品が即完売

✓ 無料で獲得したたった一日のメディア露出が、広告換算1億円越え

✓ 個人オーナーを全国誌の表紙+中8ページに特集させ、1800万円の露出効果


世界発信に携わった私が個人起業家のあなたのために、

ブームの作りかたのトリックをお届けします。


無料メール講座に登録する

メルマガ

コメントを残す

*

CAPTCHA