PRブランディングコラム

ブランディング4指標①時代の流れに沿った差別化をする

cloudytokyo

 

ブランド評価の基本指標としているものが4つあるので、順に説明していきますね。

BAVによるブランド評価の基本指標

  1. 差別化活力
  2. 適切性
  3. 尊重・評価
  4. 認知・理解

 

今回は、

①差別化活力について

これは、その商品がどれだけ他のブランドとの違いがあるのか、それがきちんとお客様に伝わっているのか、を示す指標です。

 

商品・サービスの差別化については、PRマーケティング100日講座でも一番最初に取り組んでもらっています。ワークシートを使って、きっちりと見つけ出していきます。

 

要は「どうしてその商品でなくてはダメなのか」です。

 

他ブランドとの違い(差別化)に注目するだけではなくて、時代やニーズによって変化する力も加味していきましょう。差別化ポイントも、その時々で時代に合わせて進化させていく必要があります。

 

大事なのは、時代の流れにそって変革させること。

自分ブランドも時代の流れで進化するでしょうし、世間の流れも刻々と変わっていきますものね。そこにきっちりと沿わせていきます。

 

そしてもうひとつ、忘れてはいけない事!差別化活力は

商品のスペックを差別化するものではなく、あくまでもお客様目線である

という事です。

 

発売日までに商品のうねり、ストーリーをどうつくり出していくのか・・・またメディアアプローチのためにプレスリリースを書く時にも、この点は強く強く強く、意識する必要があります。

 

例えばプレスリリースを書く時には「新発売します!」「こんな新機能が付きました!」のように、スペックについて自分の言いたい事だけ伝えるのではなく、お客様目線、読者様目線に立ち、見せ方を変えていきます。

そうすることによって「読まれる」プレスリリースとなり、記者の目に留まりやすくなります。つまり、掲載率がぐーんとアップするのです。

 

どんなに時間をかけて差別化をはかっても、それがきちんとした形でお客様に伝わっていない、もしくはそれ以前に認知度自体が低いようでは、せっかくやっても知られません。これでは意味がないですものね。

 

次はブランディング4指標②、適切性についてです。

「仕掛けが9割!」PRブランディングメルマガ発行中♪

ブログ以上にディープでクローズドなメルマガは



  • ブログには書けないブランド名などの情報

  • 講座の先行ご案内

  • ブランディングで手に入れる、効率の良い発信方法

  • ブラックちよの叫び

  • メルマガ読者限定ランチ会


あたりの内容で発信中♡いち早く情報を受け取りたい・逃したくないあなたはご登録を!!


メルマガを受け取る

メルマガ

コメントを残す

*

CAPTCHA