PRブランディングコラム

ブランディング4指標②適切性~ペルソナの作りかた

magazine

 

今日はPRマーケティングで非常に重要な、あなたの商品やサービスの適切性について、考えていきましょう。

BAVによるブランド評価の基本指標

  1. 差別化活力
  2. 適切性
  3. 尊重・評価
  4. 認知・理解

 

前回の記事、①差別化活力で、ご自分の商品サービスにおける他との違いについては確認できましたか?

 

でもね、差別化しただけではまだまだ不十分なのです!

そこで、②適切性について。ここでは、さらにお客様目線になる必要があります。

 

適切性とは、

商品(サービス)がお客様にとって適切か、ふさわしいかどうか、を示す指標です。

 

お客様に「これこそ私のための、どんズバ商品だ!買わなきゃいけないやつだ!!」と思ってもらえるような商品。

どんなものなのか、考えたことがありますか?

 

そのためにまずは、

お客様像(ペルソナ)を明確にしていきましょう。

PRマーケティング100日講座は雑誌を参考にして、ペルソナを作り上げていきます。その商品を必要とする、あなたのお客様。いったいどんな雑誌を読んでいると思いますか?

週刊女性なのかVERYなのかVOGUEなのか& PremiumなのかCLASSYなのか・・・・

 

実はこれらの雑誌はみな、30代の女性をターゲットにしている雑誌です。同じ30代女性をターゲットにしている雑誌でも、その読者像は全然違うのがお分かり頂けたのではないでしょうか?

 

雑誌だけでもこれだけ細分化してカテゴライズしているのです。

たとえばVOGUEを読んでいる彼女はどこに住み、仕事は・・・家族構成は・・・と考えていくと、イメージしやすいのですよね。

CLASSYあたりだと「丸の内OLの一日」みたいに、ペルソナ設定にとっても便利な企画も良くやっています笑。100日コーデとか。

 

どの雑誌の読者に、あなたの商品はふさわしいのだろうか?

はたまたどの雑誌の読者に「私のための商品♡」と思われたいのか?それがふさわしいのかどうか??考えてみてください!

 

常日頃考えている自分の商品については、よ~く知っているつもりでも、実はまだまだ落とし込めていない場合もあります。世間のうねりや盛り上がりを作りだそうと思ったら、まずは自分の商品・サービスについて、深堀ってみましょう。

 

①差別化活力と②適切性を通して考えることで、「他の商品ではなくこの商品だから、わたしにふさわしい」「わたしのためにある商品(サービス)だ」とどんなお客様に思われたいのか、が確立されたことになります。

 

選ばれる商品となったら次!③は尊重・評価について、考えてみましょう!

 

「仕掛けが9割!」PRブランディングメルマガ発行中♪

ブログ以上にディープでクローズドなメルマガは



  • ブログには書けないブランド名などの情報

  • 講座の先行ご案内

  • ブランディングで手に入れる、効率の良い発信方法

  • ブラックちよの叫び

  • メルマガ読者限定ランチ会


あたりの内容で発信中♡いち早く情報を受け取りたい・逃したくないあなたはご登録を!!


メルマガを受け取る

メルマガ

コメントを残す

*

CAPTCHA