PRブランディングコラム

女優とパリコレブランドが徹底する魅せ方・ブランディングによるPR方法とは

runway

こんにちは!起業家のためのPRマーケター、モナンジュちよです。

パリコレプレスという仕事をしていると、タレントさんやモデルさんにはほぼ毎日ショールームでお会いします。記者会見や雑誌の特集などの衣装を、スタイリストさんと一緒に借りに来るのですね。目の保養!

彼女たちはもともと土台も美しいうえに、メイクさんなどの周りから情報もたくさん入ってくるので、美に対するこだわりがすごい。もう執念ですあれは。そこから私も何かしら、盗み取っているわけですが笑。

 

そして、一流タレントになればなるほど自分の魅せ方・PR方法を完璧に把握している

どのように魅せるか、と言うブランディングの段階では事務所で話し合って決めているのでしょう。ただ、自分自身でそれを体現しよう!と常に意識されています。やはり、決めただけでは意味がなくて、意識して実行していかないとですよね。

 

そうそう、パリコレブランドは月9などの連続ドラマにはたいてい衣装提供しません。その理由としては

  • ドラマの撮影期間に合わせて貸出期間が長くなるので、その間他の媒体にリースができなくなる。→露出の機会が減ってしまう。
  • ドラマよりもファッション誌、それもインターナショナル誌に優先的に貸し出しをしたい。
  • カンヌ映画祭などのイベントやインタビューなど単発で、イメージコントロールできる場面で使ってほしい

等ですね。

とはいえいつもお世話になっているスタイリストさんだったり、今度別のお仕事でそのタレントさんにお願いしたい事がある場合(パーティに来てほしいとかね)、はたまたいわゆる世間のしがらみ←で、衣装をお貸出しすることもあります。

そんな時は「ノンクレ(ノンクレジット)」と言って、ブランド名を出さずにリースします。

ドラマの終わりにスタッフロールが流れますよね。その「衣装提供」にブランド名を載せなかったり、雑誌なら「スタイリスト私物」としてブランド名・価格を載せない。そして後ろの方にある「衣装協力ブランド」にも載せない方法です。

 

すべてはブランディングのためです

このタレントさんにお貸出ししてもいいかな?と本国フランスに確認したりもします。企画書を訳して、こんなお仕事をされている方で・・・と写真を添えて。これは、タレントさんに衣装提供をお断りする際「本国NGで・・」と言うと断りやすい、というメリットもあります笑。

 

女優・タレントさんからブランドに貸し出しのリクエストを頂戴したときに確認するのは、

  • ブランドイメージに合うタレントさんかどうか
  • テレビならオンエアー日・雑誌雑誌ならその発売日にそのお洋服がショップにあるかどうか
  • 他のタレントさんとかぶっていないかどうか(女優さんから「他の方に着せないで」とNGが出ている場合もある)

・・・など、他にもたくさんあります。

 

やはりここでも世間でのブランドイメージが崩れないように、そしていざO.A.となった時その商品が買えなければ、せっかくPRしても意味がないですから・・・その確認ですね。

掲載が決まれば、各店舗に「いつ、だれが、どの番組で、何を着るのか」を事前にお知らせしておきます。影響力のあるタレントさんにご着用いただくと、カスタマーセンターには電話がひっきりなし。あっという間に売れて、全国から商品がなくなります。

そのタイミングをショップには最大限に有効活用していただくためです。

こういった段取りや、ブランディングは個人の起業家でも応用可能ですよね。

「これ!」と決めたら自分自身でそれを徹底する努力は、やっぱり必要です。私もPRコンサル生のSNS投稿は常にチェックしていますよ。動きづらくなってしまっては意味がないので逐一言わないけど、大幅なズレがあれば軌道修正していきます。

そしてブランディングし続ければ、いつしかそれが当たり前になります。ほら!女優さんでも役柄になりきっちゃう方いるじゃない?あんな感じです。

 

「仕掛けが9割!」PRブランディングメルマガ発行中♪

ブログ以上にディープでクローズドなメルマガは



  • ブログには書けないブランド名などの情報

  • 講座の先行ご案内

  • ブランディングで手に入れる、効率の良い発信方法

  • ブラックちよの叫び

  • メルマガ読者限定ランチ会


あたりの内容で発信中♡いち早く情報を受け取りたい・逃したくないあなたはご登録を!!


メルマガを受け取る

メルマガ

コメントを残す

*

CAPTCHA