PRブランディングコラム

1/300に選ばれるプレスリリースにするために、考え方から変えてみる

pinknote

雑誌・新聞の編集部・テレビ局に届くプレスリリースの数は、毎日300-400枚と言われています。

その中から1/300に選ばれて、雑誌に掲載されるにはどうしたらよいのでしょう?

  • プレスリリースの体裁?
  • 届けるタイミング?
  • そもそもどうやって届ける?

・・・・考えられる方法はいくつかあります。

今日はもう少し実践的に、プレスリリースにどんなことを書いたらメディアデビューができるのか、考えてみましょう。

たとえばあなたの商品が、ノートだったとします。

シンプルだけど、上質の紙を使ったちょっとかわいいピンクのノート。ちなみに私は今、同僚のミラノコレクション土産を使っています。私のピンク好きを知っているので、きれいなピンクのモレスキンのノート。この紙質と紙色が好きなのです。

このモレスキンのノートを雑誌に載せて、「もっと多くのお客様に、この良さを届けたいな~知ってほしいな~」と思った時・・・あなたならどうしますか??

 

プレスリリースを書いて、届けたいお客様が読むであろう雑誌に送りますよね。

4月や9月だったら入学・入社のタイミングで特集が組まれる「文房具特集」とか!チャンスあります。

そしてプレスリリースを書いて、送った。

・・・でも残念ながら、掲載には至らなかった。

\ はい、ここからが重要!!!! /

「うーんダメだったかー。またタイミングを見てリリースを送ろう」

・・・これは、30点。

めげずに「もう一度送ろう!」と思ったのはものすごくえらい♡ほぼ100%の確率で、一度送ってダメだったら諦めちゃいますから。

というか、また送ろうという考えが最初からないように思います。(だけどほとんどの人は、「もう一度プレスリリースを送ろう!」と思っても2度と送らない事実・・・・)

 

でね、パリコレプレスとして世界基準で働き、10年以上PRのことばかり、もうアホみたいに考えてきた私なら、こうします笑。

 

ノートをノートとしてアプローチしない。

 

ノートを当たり前のようにノートとしてプレスリリースを書いて、掲載に至らなかったら・・・ノートとしての見せ方、切り口を変えていくのです。

⇒例えば、
✔ 春のキャンパスデビューファッション特集
手に持っているのはあの、ピンクのノート。

✔ 新学期によくある占い特集。
ラッキ―アイテムは、ピンクのノート。

ほらほら!
まだまだあるよ、ピンクのノートが輝くとき♡掲載できるチャンスーー♡

 

届けたいお客様像(ペルソナ)に合わせて、「商品の見せ方が変えられないかな」と考えてみるのです。

 

雑誌やテレビの特集から考えることもあります。

「手書きの重要性~考えを整理したければ、パソコンじゃなくてやっぱり手書きだ!」みたいな特集を提案するの。その手書き特集で、ノート必要だよね?

 

となると賢いあなたは、こう思うのでは?

「どうしたらそのアイデアが浮かぶの??」これはねー、一朝一夕には身に付かない。

✔ とにかく雑誌を読む。読む読む。毎日毎日2時間は、楽しく読む×10年超。美容院に行っても、もう読む雑誌がないのは当然w。

✔ 何を見てもどこにいても何をしていても「これをブームにするには」って考える。どこに、どのような見せ方をしたらいいのか。無意識で考えてるレベルに達する。

 

「自分ブランド、どんな見せ方でアプローチしたら響くのかなー??」

って、ちょっと視点を変えて、考えてみてください。

 

「仕掛けが9割!」PRブランディングメルマガ発行中♪

ブログ以上にディープでクローズドなメルマガは



  • ブログには書けないブランド名などの情報

  • 講座の先行ご案内

  • ブランディングで手に入れる、効率の良い発信方法

  • ブラックちよの叫び

  • メルマガ読者限定ランチ会


あたりの内容で発信中♡いち早く情報を受け取りたい・逃したくないあなたはご登録を!!


メルマガを受け取る

メルマガ

コメントを残す

*

CAPTCHA